きむ研news

きむら研究所よりお知らせいろいろ。

前髪じゃないよ「バング」だよ♪

22歳♀と25歳♀ときゃぴきゃぴ会話すること数時間。
会話のほとんどが美容についてのアレコレで、可愛らしい。

25歳♀が、サロンで前髪カットの予約をしていて
最近はやりの「M字バング」にするのだと言う。
真ん中あたりを長めにカットしたスタイルだそうな。

「へー、いいねぇ♪」と相槌をうっておいたけど
私の脳内に再生されたのは沙悟浄です。
さごじょう

【追記】
「サゴジョウで検索してみ」と25歳♀に言うたら、1分後に笑い崩れてました。
箸が転んでも可笑しい世代に沙悟浄の破壊力はさぞかし。

【追記2】
ほんとうに流行っているらしい。
https://beauty.hotpepper.jp/magazine/323128/


スポンサーサイト

Roll over いい夫婦の日♪

新嘗祭イブの夜。
「仲村わいん」のイベントで知り合った料理人さんのお店にて
仲良しさんとお食事会開催。
23998373_10210791319363597_682990975_o.jpg 23897140_10210791319763607_120395562_o.jpg


繰り出されるおいしーものの連打に
ワインもはずむ、話もはずむ。たーのしー♪
23846432_1134295326705456_862129973_n.jpg 23897991_1134295186705470_1102688161_n.jpg

23897389_10210791319803608_1673744565_o.jpg 23972438_1134295496705439_1883653154_n.jpg



普段の日とまた違う、お出かけごはん。
こういう時間が時々あるととてもいいです。

店主(兼シェフ)は、おだやかな風貌の中に
狂気をはらんだ、かっちょいい職人さん。
食べることを愉しみたいときにおすすめのお店です。
カロリーのことはどうかひとつ忘れて
ぜひどうぞ。

大阪中津「タベルナ・ラ・キアーヴェ」
http://www.chiave-italia.com/



おいしくないイベント


神戸で進行中のイベントがなにやら問題に。
【神戸市の樹齢150年のあすなろを使った「世界一のクリスマスツリーProject」が醜悪すぎると話題に】
http://buzzap.jp/news/20171120-xmas-tree-kobe/ 
 
私が「おや?」と思うのは、そこに糸井重里および「ほぼ日」が絡んでいるということ。
私は糸井重里という人があまり好きではない。
だけど、この人の仕事ぶりはスゴイなあと思うのだ。
世間の空気を読んでコントロールするっていうのが、この人の仕事の最も大事なところで
ずーっとそれで第一線でやってきた人だ。
そんな「空気読みセンスの王様」みたいな人が
コレ、読めなかったのかなあ。不思議。

私は「ほぼ日」について、演出の上手な通販サイトだと解釈していて
モノの良さも確かにあるだろうけれども
「ほぼ日を支持するワタシ」という気分のよさにも
大きな商品価値があるのだろうと思う。

そんな「ほぼ日」のブランドイメージが台無しですやん。
行為の可否はさておくとしても「すごくワルイ印象」がついてしまったというのは事実。

どうした糸井重里。
好きじゃないけど、これはちょっとなあ。
もういい歳だし、具合悪いのかなあ。

このイメージダウンを、どう収拾するのか。
批判はすべてスルーして見ないふりで遂行するか
ものすごいウルトラC(←古い)でかわすのか

好きじゃないけど「ああ、これはウマい」という
かわしかたをしてこその、糸井重里に期待。

それにしても、このイベントはアカン。嫌いだ。




秋の小さな音楽会

【はら・ごす提供 秋の小さな音楽会@雲州堂】無事終演。
23756094_1131420546992934_803837406_n.jpg 23772110_1131420780326244_94569917_n.jpg

「はら・ごす」というのはコーラスサークルの名前で
「趣味の集まり」として活動しています。
しかし「趣味」という言葉の優雅なイメージとは裏腹に
やってるほうも、観に来ていただいている側も
私が知る限りではワケアリ、ご苦労てんこ盛り。

そういうお年頃の人が多いということもあるのでしょう
自身の健康や仕事の問題だけではなく
家族のあれやこれやを背負っている人もたくさん。

ライブやったり、観にいったり…ええよな、余裕で。
…という状況ではないのです。
どっちかというと、そんなことしてる場合か、という感じ。

それでも、というか
それだから、というべきなのか
こういう場所で歌ったり笑ったりするのはええね。

また行こう、また演ろう
ワタシもなにかやってみよう そういう風に
思った日であればいいなと思います。

23768510_10210764086522793_1806253053_o.jpg

私は思いましたよ。
手ぇ、めっちゃ痛いけど(笑)
皆さんお疲れさまでした。
楽しかったので、またやりましょう♪

2017年11月19日(日)

週末に開催するお祭りに向けて合同リハーサル。
2017111421220000.jpg 2017111418230001.jpg 2017111421220002.jpg

いわゆる「サークル発表会」というヤツなんですけども
出演者同士のおつきあい合戦で終わるのはモッタイナイので
赤の他人が見ても面白いものにしたい。
てなわけで、各所から人材をかきあつめまして
ジャンル様々、プロ・アマ入り乱れての乱打戦となりました。

夜のヒットスタジオ方式で
ベテランシャンソン歌手から、キャリア半年のピアニストまで
どんどん出します、出させます。
じゃんじゃんばりばり♪

用意したチケットはすでに完売していますが、当日券ございます。
お気軽にどうぞー。

・・・・・・・
★2017年11月19日(日)大阪 北浜 雲州堂
http://www.iori-unshudo.com/
【はら・ごす提供 秋の小さな音楽会】
12:15開場 12:45開演 
1,500円(別途ドリンク代が必要ですよ、オトナですもの)

<出演>
魅惑のシャンソン(柴田乃生子 SAYURI  浅居ちとせ)
ピアノソロ(大型新人:森田なおみ)
北欧由来の創作音楽(アコーディオン渡辺イチロウと 唄:茉梛)
奈良産こんにゃくポップス(moopy)
乙女のコーラス(ダ・ジュール&エビちゃん)
天王寺のはぐれ純情派(ゴスペルサークル はら・ごす)

★総合司会:サクラ100%(光井さくら)
★バックバンド(キム木村とニューブリーフ)
 阪井ちょく 綾野雄高 木村ゆか

で、お送りします。
どうぞよろしく♪

11月は蔵びらき~で酒がのめるぞー♪

スッキリ秋晴れの奈良にて
【長龍酒造 蔵開き2017】無事終了♪
23549793_1127744984027157_607862825_n.jpg


今年もまたゴキゲンな酒飲みがまんさこりんで
客席もええ調子、当然我々もいい気分。
いい催しでした。
お酒と音楽は合うわー。

23548209_1127744807360508_548380569_n.jpg 23549658_1127744960693826_820439405_n.jpg

山の上のワイン会

大阪羽曳野「仲村わいん工房」のブドウ畑にて
【2017秋のぶどう畑でわいん会】に参加してきました。
(正式名称はコレだったらしい。今さらですが)
23172793_1123063087828680_5801734240024916926_n.jpg 23231280_1123062597828729_7856306146139706696_n.jpg


収穫を終えた畑で、飲んで食べて歌って踊る…踊りまくる。
ひじょーにギャートルズ的な世界が広がっておりまして
トイレも青空の下、これが気持ちよい。


23168005_1123063614495294_2253111414437020610_n.jpg 23377153_1123755644426091_1891821571_o.jpg

山の斜面での演奏は、向かいの山からのこだまに包まれて
酔いがどんどん回ります。これも気持ちよい。

自分ちの畑で育てたブドウだけを使って作るワインは
なかなか珍しいそうです。
全国にファンがいて、最近ではなかなか手に入らないみたいですが
大阪だとまだ比較的買いやすいので
皆さん、ぜひお早目に一度お試しくださいな。

最寄り駅から20分ほど山を登った畑で4時間飲みまくり。
そして当然、帰りは下り坂。
転がるように駅にたどり着いたのでした。
(実際に転がった人もいます)
帰りの電車は、ワインゾンビであふれ
数日遅れのハロウィンのようでした(笑)
そして、私は2日遅れの筋肉痛で動けません…。
2017110515080000.jpg


楽しい嬉しい、ステキなお祭りでした。
運営側はむちゃくちゃ大変やと思いますが
なんとか続いてくれるといいな。
ワイン、どんどん飲んで応援します♪



2017も終盤です♪

11月17日(金)京都でのユカサクラLIVE(ワンマンです)
残席あと4つとのこと。勢いでご予約如何でしょうか。
ユカサクラでの一般公開イベントはこれで年内最終となります。
お互いに年末は仕事が忙しい…というのもありますが
それにしても最近相方の姿を見ないなぁと思っていたら
新聞折り込み広告の中にいました。
四国で巡業中でした(笑)
23163835_1121140234687632_836818126_n.jpg 23146341_1121140238020965_362067266_n.jpg


この平成の世に、温泉旅館に住み込みで出稼ぎとは…。
かっちょいいなー。
12月も出演してるらしいので
これはなんとかして見に行かねば。紙テープ持って♪

京都でのワンマン、四国への応援ツアー
ご興味のある方はお問合せくださいな。
奈良の酒蔵での蔵開きもあるよー。

・・・・・・・
★2017年11月12日(日)奈良 長龍酒造
http://www.choryo.jp/【第十九会 蔵開き】
ユカサクラの出演時間は11:30と13:00の2回です。
入場無料(予約不要)

★2017年11月17日(金)京都 先斗町susie-Koo bis
京都市中京区先斗町通 三条下る2丁目材木町180ニュートーヨー会館1F
【ユカサクラ ワンマンショウ♪】
19時半ごろ~ ¥2,500

★ホテル レオマの森
http://reomanomori.ooedoonsen.jp/
【The☆昭和歌謡ショー】
光井さくら出演日については、個人的にお問合せください。
私は12月中頃に突撃しよーかと計画中。ふふふ。

※11月5日(日)仲村ワイン工房 ワイン祭りは受付終了しました。


ジャクソン・ブラウンを観たんじゃけぇ♪

「今回のツアーは広島がベスト」だったらしい。
https://ameblo.jp/high-hopes/entry-12323406639.html

主観によるので一概にはいえないことだけど
ほどよい距離感で聴きたい人には、ベストだっただろうと思います。

そもそも、私が「広島公演に行こう」と思い立ったのも
その「距離感」の問題だったのです。
前々回までは大阪公演を観にいっておりまして
大阪ならではの図々しいまで(笑)の熱狂も愉しかったんですが
ちょっとしんどいな、ということもあって
試しに前回のツアーで「広島」に来てみたらとてもよかったので、今回も。

メジャーなコンサートに限らず、小さなライブや、飲食店や
スポーツジムや趣味の教室なんかでも
常連さんとホスト側のちょうどいい距離感というのは難しい。
その場所や音楽は好きだけれど、我が物顔に自己主張する常連さんがしんどくて足が遠のいている
隠れたファンってけっこういると思います。
私もその一人です。
(あえて、その空気を楽しみたいときもあるけどね)

常連さんにとっては、マーキングすることも楽しみのひとつであるし
ホスト側にとっても、常連さんはありがたい存在。
自己主張したい人にも本来の目的を静かに味わいたい人にも
ちょうどいい場所であればいいんだけど、それがなかなか難しい。

そういう意味で
今回(前回も)のジャクソン・ブラウン広島公演はとてもよかった。
参加を促されるところでは、しっかり歓声を送り
ジャクソンが構想してきたであろう「聴かせどころ」には静かに耳を傾ける。

熱狂的な盛り上がりということでは他所に及ばなかっただろうけど
私にとっては「これが聴きたかったのだ」と満足でした。

広島公演は少し集客がさびしい部分もあるので
こういうレポートを見て、次回から広島公演にも来る人が増えるといいなと思う。
その反面、広島ならではの空気が壊れちゃったらイヤだなあとも思うのです。
ワガママです(笑)

とにもかくにも
とても誠実な、素晴らしいコンサートでした。
2017102416030001.jpg




FC2Ad