きむ研news

きむら研究所よりお知らせいろいろ。

盛夏のシャンソンショー

DSC_0650.jpg

行ってきました、シャンソンショー♪
ベテラン歌手の方のバースデイライブで
プレイヤーの方々も重鎮揃いでした。
本来なら胃が痛くなるような状況なんでしょうが
「門外漢の客演」という、非常にラクな立場を存分に利用して
好き勝手に弾いてきました。

怒られなかった(笑)よかった。
みなさん、心が広い。

興味深かったことはたくさんありますが
なんといっても「非日常感」がスゴイ。
どん!と盛ったメイクや衣装、身振りもそうなんだけど
演者と客の距離がしっかりあるっていうのがとてもイイです。

段差もない至近距離で演奏してるのに
そこに別世界があります。
身近じゃない良さっていうんですかねー。
ひとときの夢っていう「ショー」の存在意義を見せていただきました。

いかがわしいの、ステキ。

客席側の羽振りの良さそうな気配もよかったですねぇ。
芸人衆vs旦那衆。
同じ場にいながらにして、異質の人達。
どちらにもそれぞれの矜持があって、これも良い。

このきらびやかさや羽振りのよい感じが
半径数百メートル以内にたくさんあるであろう
ライブハウスに共有されないのは
もったいないなあ。
ジャンルなんてほんのちょっとのことなのにね。

徒歩圏内にて、キモチの遠足。
楽しかったです。

※追記
「門外漢の…」と書きましたが、そもそも私には「専門分野」とか「師匠筋」など
ないのであった(笑)
なので、どこに行っても「よその人」で気楽なのでした。てへぺろ。



スポンサーサイト

FC2Ad