きむ研news

きむら研究所よりお知らせいろいろ。

【the private stock】 北沢福郎

昨年夏、録音に参加した「北沢福郎」さんの作品が届きました。

26170018_1581208295249206_8690481118794089766_n.jpg 20117584_1059070490894607_320392963_n.jpg

北沢さんは、長く音楽業界で制作側として活躍し
私が夢中になってライブハウスに通っていた高校生のころに見た
たくさんのバンドのプロデュースやマネジメントをされていました。

若き日に制作した曲達を、年齢を経た今…というこのアルバム
失ったなにかを取り戻そうというような気負いもなく
年齢を重ねた今ゆっくり音楽とつきあうよ、という余裕たっぷりでもなく

サウンドはいわゆるグッドオールドミュージックといわれる
フォークソングのやり方に沿ったものなのですが
作品や歌から感じる気配は老成や熟成といった落ち着きというよりは
むしろ少し危うい感じがします。
若々しいってわけでもないんですけどね。なんでしょうね。

年齢を悲観せず、売りにもしてないところが好きです。

「楽しんでもらえる人に聴いてほしい」と、数枚のCDを預かりました。
ご希望の方はワタクシまでご連絡ください。
※今回分については「感想を送ってくれる」を条件に、無料でお送りしまーす。

あの頃のフォーク少年の方、ぜひ。

現在、北沢さん(本名はまた別)は新宿歌舞伎町でバーを経営しています。
お店は会員制ですが、このCDが会員証にもなるとのこと。
文字通り地下深くにある「隠れ家バー」です。
CD片手にぜひ訪ねてみてください♪



スポンサーサイト

FC2Ad