きむ研news

きむら研究所よりお知らせいろいろ。

サパー♪

2018070320530002.jpg

イベントの打ち合わせと機材確認のため
久しぶりに「サパークラブ」というところに行きました。
ハウスバンドの皆さんの、独特なテンションの演奏に
懐かしさと憧れがこみあげます。
若い頃「ナイト」と呼んでいた、クラブでの演奏仕事。
私の場合、一人前になる前にバブル崩壊にともなって仕事場が激減し
いっぱしのバンドマンにはなれませんでした。

高度な技術を駆使して限りなく無難に展開される演奏について
「こんなの音楽じゃねー!」とお嫌いな方もいるでしょう。

私は好きです。むしろ大好物です。
「ドリフの大爆笑」エンディングのダンスのクールさ、といえば
伝わるでしょうか。無理でしょうか。
なんせ、かっこいいのです。

前座に登場する見習いシンガー君たちも演奏は未熟ながら
早々と優雅な気配を身に着けてて、とてもよかった。
一転して、外人のゲストシンガーさんはめちゃアツ。そして激ウマ。
毎年ラスベガスでオーディションをしているらしく
日本のサパークラブでの仕事を獲得しに、全米からたくさんのミュージシャンが集まるそうです。
みんなたくましいなあ。
2018070321360001.jpg


ハウスバンドの「先生(ミュージシャンはそう呼ばれる)」にはなれなかったけれど
そういう人たちにさらりとチップを渡せるマダムになりたいものです。
もうとっくにそうなっていてもいい年齢なので
「なりたい」などと言っている場合ではありませんが。

ゴージャスな余韻を胸に、ちゃんと電車で帰りました。
まだまだじゃな。


スポンサーサイト

FC2Ad